レクロイとLabVIEW のイーサネット経由の接続

LeCroyのオシロとLabVIEWをLANケーブルで、やっと接続する。

レクロイのオシロは普通のTCP/IPではなく、VICPと言う独自のプロコトルを使っている。 だから、NIの標準のVISAだけでは接続できない。 レクロイのVICP passportでパッチをあてる必要がある。 且つこのドライバはVI上のみで認識して、MAX上ではデバイスの認識がされない。 よって、クエリの確認がMAXで出来ない。 これが分かるまでに一日以上要してしまった。

でも、わかってしまえばあとはどうにかなる。

VI用のドライバが通信用とは別にあるが、これはサンプルVIを参考にすれば、データのPCヘの転送はプログラム作成は問題ない。 取扱も難しくない。

接続方式はあくまでVISAなのだが、GPIBと比べるのが無意味なほど速い。

多分75msec位で50kSのデータを転送してくれる。 私の使っているオシロはActiveX経由で、オシロ単体て、LabVIEWと接続出来るが、CPUの能力上、長いデータでは速度が出ない。

多分、イーサネット経由の方が速い。 ハードウェアトリガにこだわら無い計測なら、十分である。

これで終夜連続運転の実験のデータを夜間も取れる。 今までは日中だけのデータだった。 見張り番も不要になって、工数削減も出来る。

業務効率化の提案書書いて、小遣い稼ぎしよ。

Follow me!

「レクロイとLabVIEW のイーサネット経由の接続」への2件のフィードバック

  1. 助かりました
    初めまして、個人でLabVIEW開発している者です。
    LeCroyのオシロとLabVIEWのVISAで困っておりました所、
    ここのブログで大変助かりました。
    有難う御座いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA