TOYOTA  iQのキャスタ8.3deg。 FR車なみだね。

本屋で『iQの全て』を立ち読みしたら、キャスタが8.3degとなっていた。

FR車並みのキャスタである。 直進性確保に苦労したみたいだ。

フロントサスペンションのジオメトリに工夫をしたのも分かった。 ステアリングのタイロッドが車両中央部で連結されている。 普通はラックの外側にマウント点がある。 多分ロールステアで良い特性をとるのに知恵を絞ったのだろう。

フロントのスタビライザーがストラットからコネクションロッドでつながっているのも、スタビライザの効率を高めたかったからだろう。 コーナリング時の内外輪の荷重移動を大きくする必要があった。 それだけ、アンダーステアを取るのが大変だったということかもしれない。

苦労したかどうかは分からないが、知恵をたくさん詰め込んだ車に思える。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA