ヒトの耳の感覚について

ふと、つまらないことを考えた。

ヒトの聴こえる音の周波数は20Hzから20kHと言われる。

となると、これをデジタル的に考えると、20kHzを聞き分けるためには、デジタル録音器ならば、サンプリング周波数は少なくとも40kHzが必要である。

40kHzのサンプリング周波数と言うことは、25μsec間隔で集録するということである。

一方、20Hzを聞き分けるためには、0.05secつまり50msecの時間は音を集録しないといけないことになる。

となると、データ点数は2000点となる。

それをリアルタイムで処理していることになる。

なんとなく、人間の感覚にあった数字のように思える。