この本は仕事で使うのですが、自腹で買いました。

仕事用の本なので、経費で落とせるんですが、なんか、そういうの『せこく』感じるもので、自腹で買いました。

たった二行の式を解読するために、A4で26ページのレポートができました。

そんなことも、仕事にしています。

FDTD法による弾性振動・波動の解析入門
クリエーター情報なし
森北出版

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA