21世紀的であるとは。

西欧の第二次世界大戦までの多くの戦争は、素をたどれば、ゲルマン諸民族間の領地争い。日本の豪族たちの戦みたいなもの。

例外は、ナポレオンとナチスの侵略戦争。

今、日本が準備しようとしているのは、そのどちらにも属さない、文明間の戦いです。

それならば、戦争と言う手段ではなく、産業革命以降の現代文明から、いち早く、次の文明を構築すれば良い。
16世紀のスペインやポルトガル、18世紀以降のGBのようにです。

21世紀が、日本の世紀とみなされるよう、文明の本質的変化をしてしまえば、究極の安全保障政策になるのです。それは、エネルギーと食糧の自給を達成することです。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA