今年一番の寒気日本へ:大陸の1068 hPaの高気圧は普通なのか特異なのか?

TVを見ないので、気象情報にさえ疎い。

関東平野の冬は晴日が多く、温暖であるから、夏ほど気象情報に気を使わなくてもよいという理由もある。

しかし、SNSの情報を眺めていると、クチコミの気象情報を知ることができる。

すると、今日(2016/1/23)に、日本列島は、今冬一番の寒気に覆われるのだという。

ヘェ〜と、と、思って、天気図を眺めてみた。日本列島周辺ではなく、アジア広域の天気図である。


2016/1/23 3:00アジア広域天気図

日本列島周辺に低気圧があるが、1012hPaであったり、1016 hPaであったりする。

工学的に1気圧とは、1013 hPaと置き換えるから、普通なら高気圧になってもおかしくはない気圧である。

しかし、それらを低気圧とするのであれば、どこかに対になる高気圧が無ければならない。

すると、大陸に、1068 hPaとか1044 hPaという高気圧がある。

夏に、1013-55=958 hPaのような低気圧が日本列島にあれば、それはほとんど台風と呼ばれる。

すると、日本列島周辺に台風のような低気圧はなくとも、大陸には、
1013+55=1068 hPa というような、気圧のプラス側となる台風並みの気団があることになる。

当然、高気圧から低気圧への気圧勾配によって大気は流れるであろうから、
大陸から太平洋に向かって風が吹く。

日本の気象情報は、天気(今日なら降雪について)のことしか伝えてくれないので、何故、大陸にとても高い高気圧が存在するのかは、推測するしかない(私は気象学者でもなんでもないので、詳細な気象データを持っていない)。

恐らく、大陸の高気圧が発生は、ツンドラ地帯の凍土が凍る際の水の凝固熱が大気から奪われることが原因であろうと推測する。

夏に凍土が解け、冬に凍る。自然なことであるが、夏に解けた凍土が多ければ、冬に凍る凍土の量も多くなり、結果的に大気の熱を多く奪う。そこには、強い下降気流が発生し、高気圧を作り出す。

上から押し出された、凍土により凝固熱が奪われた冷たい大気は地表面に沿って流れる。日本海に流れ出した冷たい大気は、海水の熱と水蒸気を一緒に吸収して、日本列島に流れる。

地表面と大気の熱交換を考えれば当たり前のような現象である。

問題なのは、1068 hPaという高気圧を発生させる地表面と大気の熱交換は、気象学の言葉を用いれば、平年と比べて普通のことなのか?それとも、特異的なことなのか?ということだ。

地球気候変動問題については、地球平均気温というスカラー量が話題になるのであるが、
大気と大陸+海洋の熱容量を比べてみたら、恐らく後者の方が大きいはずである。すると、熱や水蒸気の輸送現象は、地表面や海水の温度(すなわち熱エネルギー)が、大気のそれよりも、より重要なはずである。

しかし、気象学は、多くの場合は、大気温度と気圧が考察の対象である。

大陸の強い(この形容詞は好きではないが)高気圧の発生について解説してくれる気象情報番組はあるのであろうか?
***********
ブログ村 技術工学ランキングに参加しています。

PVアクセスランキング にほんブログ村

にほんブログ村 科学ブログ 技術・工学へ
にほんブログ村

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA