熊本地震の発生状況更新(2016年5月22日まで)

2016年5月22日までの,熊本地震発生状況データの更新である。データは気象庁震度データベースを基にしている。

過去記事1:熊本地震の発生状況更新(2016年5月7日まで)と終息しない要因の推定について

過去記事2:熊本地震の発生状況更新(2016年5月15日まで)

 

1.地震回数累積の状況

図1に地震回数累積を示す。

地震回数累積

※2016年5月11日以降,傾きが小さくなってきている。しかし,熊本・大分において地震が頻発している傾向は変わらない。

一方,5月15日以降,黒と赤の線の傾きのズレが生じている。黒い線の傾きの方が大きくなっている(青と赤の線は平行である)。これは,熊本・大分・鹿児島以外の場所において地震が増えていることを示す。かつ,震源深さも深い地震である。5月16日に茨城県南部を震源とする地震があったがその影響であろうか?分析は行っていない。

2.地震エネルギー累積

図2に地震エネルギー累積を示す。

地震エネルギー累積
図2 地震エネルギー累積(2016年4月14日〜5月22日)

図3に図2の縦軸を拡大した図を示す。

地震回数累積
図3 地震エネルギー累積縦軸拡大

3.原データ

本記事に使用したデータを右記にリンクする(エクセルデータである):地震データベース(2016年3月1日から)

以上。