熊本地震の発生状況更新(2016年6月7日まで)

気象庁震度データーベースを基に熊本地震状況を見ている。

2016年6月7日までの地震発生状況のデータを更新する。

地震発生回数累積
図1 地震発生回数累積(2016年6月7日まで)

※残念なことではあるが,2016年6月1日〜7日にかけて熊本・大分・鹿児島における地震回数累積(震度1以上)は日に対して少し傾きが大きくなった(つまり地震が多くなった)。

未だに熊本地震は終息してはいないようである。

地震エネルギー累積
図2 地震エネルギー累積(2016年6月7日まで)
地震エネルギー累積縦軸拡大
図3 地震エネルギー累積(縦軸拡大)

オリジナルエクセルデータ:地震データベース(2016年3月1日から)

熊本地震の発生状況更新(2016年5月31日まで)

気象庁震度データベースを基に熊本地震発生状況を追っている。

2016年5月31日までの地震発生状況をデータとして示す。

・地震回数累積

地震発生回数累積
図1 地震発生回数累積

・地震エネルギー累積

地震エネルギー累積
図2 地震エネルギー累積

図2の縦軸を熊本・大分・鹿児島地震に着目して拡大してみる。

地震エネルギー累積縦軸拡大
図3 地震エネルギー累積縦軸拡大

図1から地震発生回数は減少傾向にある。しかし,図3を見ると,地震エネルギー累積は決して飽和しているわけではなく,少しずつ増えている。

熊本地震は未だ終息していないように思われる。